HOME > 夏のインターハイ

全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会

全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会は、全国高等学校サッカー選手権大会と並ぶ高校サッカー2大全国大会のひとつで、インターハイ開催地にて毎年持ち回りで開催されているサッカー大会。

各都道府県大会を勝ち抜いた各校サッカー部と(北海道・東京都・大阪府・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県と開催都道府県は2校ずつ。なお、開催地となる場合には、3校が出場)の合計55校による、トーナメント戦で行われる。

大会優勝校と準優勝校には、高校サッカー部とユースチームが合わさって行うイベントである、高円宮杯全日本ユースサッカー選手権 (U-18)大会への出場権が与えられる。

全国放送され、世間からの注目度が高い全国高等学校サッカー選手権大会に比べて、知名度が低い大会になっているのが現状である。

試合方式

試合時間は前後半35分ハーフの合計70分で行われ、前後半終了しても同点の場合はPK戦を行い、勝敗を決定する。

決勝戦の場合は、前後半を終了しても同点の場合には、前後半10分ハーフの合計20分の延長戦を行い、それでも決着が付かない場合はPK戦を行う。